人とコンピュータの未来をつなぐテクノカルチャー(technoculture)

人とコンピュータの未来をつなぐ

人とコンピュータの未来をつなぐテクノカルチャー(technoculture)

人とコンピュータの未来をつなぐ

セキュリティ基本方針

 

当社は、内部及び外部の課題を認識した上で、お客様や関係者の皆様からの安心、信頼をより強固にするために、お客様の情報や、開発・営業行為において発生する機密情報を、さまざまな脅威から防護し、その機密性、完全性、および可用性を確保します。

 また、社員一丸となり、情報セキュリティに関する法令、規制又は契約上の要求事項を認識し、情報資産へのアクセスと利用に関してのルールを厳守し、偶発的、あるいは意図的に発生するリスクを防止または低減します。

情報セキュリティにおける目的は次のとおりです。

「情報セキュリティに関する管理を適切におこない、情報に対する不正アクセスや漏えい等のセキュリティ事故を未然に防止し、情報セキュリティ事故の発生をゼロにすることを目指す。」
当社はこのために次のことを実施いたします。

 

 

 

 

 

情報セキュリティに関する管理

1

業務上の要求事項、関連する法規・法令及び顧客との契約上のセキュリティ義務を遵守いたします。

2

当社の情報セキュリティマネジメントシステムを確立するために情報セキュリティ委員会を設置し、リスクアセスメントを行い適切な情報セキュリティの諸策の検討と実施を推進いたします。

3

当社基本方針、ISMSポリシーマニュアル、規定、基準、手順を遵守いたします。

4

情報資産に対するリスクを評価するための基準を確立し、リスク評価の結果に基づく適切な安全対策を実施し、機密性、完全性、可用性の確保に努め、機密情報の漏えい、不正アクセスを防ぎます。

5

社員に対し、情報セキュリティ及び情報保護についての教育を実施いたします。社員は情報セキュリティのための自己の役割を認識し、認可された情報および情報処理施設以外のものを使用いたしません。

6

情報管理に関する業務を他社に委託する場合は十分な経験、能力を有するものを選定し、契約にあたっては守秘義務にかかわる事項を規定し、情報が適正に管理されることを担保いたします。

7

情報セキュリティマネジメントシステムの実施状況を定期的な監査により検証し、見直し、継続的な改善に取り組みます。

2015年05月01日
株式会社テクノカルチャー
代表取締役社長 野呂 幸博